お知らせ・新着情報

DIKの社名の由来についてお答えします。

今日は、うちの会社の社名の由来を説明しようと思います。

DIKって何?出会い系?などと聞かれることが多いためです(笑)。まあ、ネットは人やビジネスの出会いの場でもあるので、「出会い系」でもかまわないのですが・・・

実は、dik.co.jpというドメインは、元々、第一企画という広告会社のドメインでした。日本の大手広告代理店です。こちらが、旭通信社と合併 してアサツーディ・ケイという会社になったのですが、その際に、旧ドメインを手放したので、運よく入手してしまった、というわけです。で、社名も 「DIK」に変更した、というのが正しい経緯です。

創業2年目のことでした。それまで、うちの会社は「ね印」という社名を名乗っていました。当初から、ネットで動くFlashアニメに注目していて、 ナレーションや音楽、プログラムを組み込んで、いろんな実験をしていましたが、それが大学の先生らに注目され、教育ソフトや心理実験、心理アセスメント、 Eラーニングなど、次々と仕事の依頼が舞い込んできたのです。

後付ですが、DIKは、Digitai Imagination for Kidsの略で、教育コンテンツ制作会社としてスタートしたことを意味しています。

うちのような小さな会社が、そうそうたる国立大学や研究機関とお取り引きいただいているのは、そんな経歴からです。

当初のロゴのアニメ(森田康夫さん制作)
https://www.dik.co.jp/items/flash/dik/

今ではお客様の層も広がり、一般企業様のデジタルコンテンツ全般の制作をお請けするようになりましたが、教育コンテンツ制作で培ったエデュテイメント(教育娯楽)のノウハウは、隠し味として、当社の根底に息づいていると思います。

長々と説明してしまいました・・・

でも、まあ、ややこしいので「出会い系」でいいです(笑)

▲TOP